事例紹介 TOMS
TOP > 事例紹介 > e学習履歴システム TOPニュース事業案内事例案内会社概要採用情報
ソフトウェア開発・販売
e学習履歴システム
スキルマトリックス®を元に目指す職業についての情報がグラフィカルにわかりやすく取得することができます。
これにより、どんな知識が不足しているのかを把握することができ、次に行うべき学習を効率的に学んでいくことができます。
また、学習した結果は学習履歴としてDBに蓄積され、学習を追うごとにあなたの知識が伸びていくことが確認できます。
写真
クレデンシャル®のご案内
「教育・使命・文化」というテーマで、定期的に情報をお届けします。

vol.001 「Credential事始」
vol.002 「狩猟社会のCredentials」
vol.003 「狩猟社会のCredentials(2)」
vol.004 「農業社会のCredentials」
vol.005 「農業社会のCredentials(2)」
vol.006 「農業社会のCredentials(3)」
vol.007 「農業社会のCredentials(4)」
vol.008 「農業社会のCredentials(5)」
vol.009 「農業社会のCredentials(6)」
vol.010 「農業社会のCredentials(7)」
vol.011 「農業社会のCredentials(8)」
主な特徴
■ スキルマトリックス®又はコンピテンシーマトリックス®から職業において必要とされる知識を簡単に把握することができます。
■ 蓄積された学習履歴から、自分の現状のレベルがグラフで表示され、簡単に把握することができます。
■ 不足している知識を学ぶことのできる講座を検索&受講申込ができ、効率的に学習を進めていくことができます。
■ 学習した講座の受講結果を確認したり、受講者全体との比較などができ、今後の学習計画の参考にすることができます。
■ クレデンシャルカード®を接続するだけで簡単にシステムを起動できます。
■ 教育の終了と共に発行される教育証明書に2次元コードを付加し、学習履歴システムにアクセスを行い「教育」と「求人」の双方を接続します。
スキルマトリックス®とは
■ 目標となる行動特性に対し、必要な知識項目、それぞれに対しての必要レベルの情報整理を行い、マトリックス化したものです。
■ 目標となる行動特性に対して、必要な知識・必要レベルを確認することができます。
■ 蓄積された学習履歴より、学習者の知識単位の習熟度を算出し、可視化することで、目標とのスキルギャップを確認することができます。
■ 現在持っている知識が今後どのように役立っていくのかが理解でき、より一層モチベーションを上げて学習に取り組むことができます。
事業実績
・経済産業省:平成18年度 産業技術人材育成支援事業(技術者継続的能力開発支援事業)
・経済産業省:平成19年度 ビジネス性実証支援事業(人材育成分野)
・総務省:平成19年度 高度ICT人材育成研修の体系化及び標準化に関する調査研究
・山梨学院大学:社会人基礎力醸成プロジェクト
出展
・「IC CARD WORLD 2008」の凸版印刷様ブースにて出展
・「第15回 東京国際ブックフェアー」の日本社会人基礎力協会様のブースにて出展
・「JAMOTE 人材育成と教育サービスの国際化シンポジウム」に出展
お問い合わせ先
住 所:〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3−2−15 住吉ビル3F
電 話:0422(41)7131
メール:info@toms-nt.co.jp
担 当:鈴木
| TOP | ニュース | 事業内容 | 事例紹介 | 会社概要 | 採用情報 |
 
Copyright (c) 2006 TOMS, Inc. All rights reserved.